時々音を立てて人生は動き出す

個人面談。子どものことでやんわりとしかし
鋭い指摘を担任の先生よりいただく。
運動、書き取り。
運動は鉄棒と水に顔をつけられない。
書き取りは深刻で…小さな「ッ」などが入った
単語を聞き取って書けない、というもの。
通級指導といって普段の授業ではすくいきれない
子のクラスを放課後に設けているので
そこに通うことをすすめられる。
本人に伝えるとやっぱり「できない」という
ことに対してショックだったようす。
私が夏の間に教えようかな、と今は考えて
いる。
普段のスケジュールが変わることを彼は
嫌がっているので。
*
荻くんと8月のスケジュールの話をLINEでした
あとに荻くんの先輩に明日会うからと連絡したら
即電話がかかってきた。
1時間半も話してしまった。長かった。
ものすごく私のツイート見てくれていて
ものすごく会うのを楽しみにしてくれているのが
ものすごく伝わってくる。
荻くんの先輩だから縁があった訳だけれど…
なんとなく居心地が悪い。
だって私は彼らの世界の人ではないし。
彼らの世界がとても豊かで理想郷であるから
いいなと眺めているだけであるし。
そんなこんなで当日を迎えてしまった。
ここまで前半。
後半に乞うご期待。