誰しも抱える生きづらさ

再びsoarの活動説明会に参加してきました。

難病や障害、LGBTQや貧困といったあらゆる生きづらさ/生きていく困難さと、それに対する支援を結びつける活動をされています。

https://soar-world.com/

今回はsoarの記事ができるまでについて、soarのライターの方と、インタビューを受けた会食恐怖症克服者の山口健太さんからお話を伺うことができました。

会食恐怖症という病名があるということを知ったのはsoarの記事がきっかけであったし、ということは名づけられてなかったり、その名前を知らないまま誰にも相談できずにいる人もいるはずで、だからこそ情報が必要としている人に行き渡ることの必要さを改めて感じる。
私が自傷行為を始めたばかりの頃は「リストカット」という言葉も知らなかったことを想起する。

社会的マイノリティという言葉はともかく、誰しも生きづらさや困難を感じることはあると思うし、どういう人がどういう時にどういう困り方をするのか、網羅は無理でも少しでも知っておければ、フォローし合うことができるんじゃないかと。
できる範囲でという注釈つきにはなるけれど、自分事として捉えて助け合っていけたらいいな、と思った。
クラウドファンディングもやってるから、もう少しで達成できそうなのでみんなで応援しましょう!