Twitterの下書きは、タイムカプセル。

Twitterの下書き機能は、過去の自分からのタイムカプセルだ。

その時、それを感じて、それを誰かに伝えようとした痕跡を感じることができる。

でも、投稿するまでに至らなかったということは、過去の自分の何かが、最後の最後でGOサインを渋ったのだろう。
今日、Twitterの下書き機能を見返していたら、こんなものがあった。

この時期に、男から久々に連絡が来るのは、決してあなたがモテ期なのではなく、相手の男が人肌恋しくなっているだけ

日付を見たら、去年のクリスマス時期につぶやこうとしたものだった。
冬になると寂しくなるので、過去にヤレそうだった(もしくは、ヤレたけど付き合わなかった)女に、「久しぶり~(^^)元気?」とまだヤレそうかどうかのオマンコ安否確認の連絡を取る男。

そんな男の悲しい性をうまく詠み上げた素晴らしい一節だと思う。

過去の自分はなぜこれをツイートしなかったのだろうか。

よくよく考えてその理由がわかった。
自分もおもいっっっっっきり女の子に「久しぶり~(^^)元気?」とLINEしていたのだ。

自分のオマンコ取り分が目減りすることを心配して、GOサインを出さなかったのだろう。
あの日の自分を褒めてあげたい。

Twitterの下書き機能は、過去の自分からのタイムカプセルだ。