うつ病になりそうな時のサイン

私自身、うつ病に何度かなったことがあるが、うつ病になる一歩手前のサインがある。
それは、「耳に入ってくる他人の話が、自分を非難している(バカにしている)」ように聞こえ始めた時だ。
おそらく他人の大半の会話はとりとめもない話であり、誰も自分のことなど意識しているわけではないのだが、追い込まれた一歩手前の段階では、どうしても他人の会話が気になってしまう。
例えば会社の談話室で「もっと自分に自信を持った人が会社に入ってくるといいのに」と聞こえて来た時は、「それって俺が自分に自信がないからなのか」と勝手に感じてしまい、傷つく。
単に笑い声が聞こえてくるだけで「自分のことが笑われているのではないか?」と思うようになったら要注意。病院に行って医師に判断を仰いだほうが良い。
実際に気分が上がらなくなって鬱傾向になってからでは遅い。なるべくはやめに心身医療科もしくは精神科を受診し、薬をのむことをおすすめする。