I don’t need “YouTube” anymore .

洗濯と掃除は諦めて出かける間際までのんびり
過ごす。
カウンセリングで変態紳士に合わせる自分と
頻尿で悩む自分が繋がっているような気がする
と言われる。
脳科学の本を読み齧った私の仮説は
不快である状態に蓋をしても蓋がはじけ飛んで
不快がだだもれた結果不安に陥り膀胱が過活動に
なり頻尿になった…詰まりは不快を取り除き
不安を解消しないと頻尿は続く。
私は変態紳士をそんなに不快だと思っているのか
どうなのか。理性ではそれほど嫌ってはいない
ものの、心の底では嫌がっているのかもしれない。
万事が万事そんな感じ。
要は頭と心がばらばら。心はまるでだだっ子の
状態。あれはいやだー、これはいやだー、と
ずっとわめいている。
そんなにわめいたって何にもならないわよ、と
頭に諭されて大人しくしてるけれどすぐに
わーわーいうから困った。
困ったといえばあまりにもきちんと食べられ
ないので食事中のYouTubeは禁止にした。
子どもを甘やかすというか負い目があって
許してきたけれど我慢の限界だった。
箸が止まるし三角食べなど出来ないし
とにかく食べ終わるのが遅すぎて待って
られない。
もうはっきりと怒ってしまった。叱るのでな
なく不快だと子どもに伝えた。
本当はこれではよくない。恐怖しか与えないから。
しかしもう無理だった。
子どもは理解してくれて…というか私が怒るから
いけないことだと安直に理解して晩ごはんは
YouTubeは見ないを守ってくれているけれど
もう本当にタブレットを与えたことを後悔して
いる。
タブレット…特にYouTubeはいけません。
少なくとも私はそう思っている。